プロ教師による完全個別指導塾・家庭教師のKATEKYO

tel:0120-00-1111

指導事例紹介

生徒一人ひとりに合わせたカリキュラム
その一例をご紹介!

  • TOP
  • 指導事例紹介
青森市 升田 好美さん

解けない問題をひとつひとつ先生と潰し、北海道大学へ進学!

  • 指導科目

    英語・数学

  • 指導回数

    月4回/90分コース

  • 入塾のきっかけ

    高校に入学後、授業の難易度と進度が跳ね上がり、独力での学習に限界を感じたため、高校1年の5月からKATEKYO学院青森古川校(青森駅前本部校)に入塾しました。

  • 指導方針

    まず自分で解けない問題をピックアップし、先生と一緒に解くことをという事を繰り返す、一番効率の良い方法を取りました。これによって苦手をため込まず、勉強の足が重くならず億劫にならないことで、成績はもちろん、モチベーションにつながりました。

生徒さんの
コメント

●植田先生へ 単純な英文法や単語だけでなく、長文の読み方や北海道大学の問題の対策法を教えていただきました。おかげさまで本番では英語を大きな得点源にできました。長文から発展して教わった時事の話題は、大学に行っても活用するよう努めます。3年間お世話になりました! ●甲藤先生へ 合格できたのは先生が励ましたり、自分で気づけなかった弱点を見つけてくださったからです。3年前は受験で数学を取る事すら考えられなかったのに。丁寧に対応してくださりありがとうございます。帰りの雑談も含めて最後まで楽しかったです。お世話になりました!

教師からの
コメント

完全個別のKATEKYOだからこそ取ることが出来た指導方法で、着実に点数を伸ばして行ってくれました。事前にしっかりと自分がわからないところをまとめてくれていたので効率的にできたと思います。 北海道大学合格おめでとうございます。

青森市 Gさん

推薦対策で第一志望に合格!

  • 指導科目

    数学・国語

  • 指導回数

    月8回/90分コース

  • 入塾のきっかけ

    将来公認会計士になるため、経営が学べるということで、創価大学の経営学部を志していました。推薦入試を第一に考えており、1対1の個別塾という点と、志望理由書や小論文の対策もでき、面接の練習もしてもらえるということが入塾を考えるきっかけとなりました。また、体験授業がとても分かりやすかったので、青森駅前本部校(青森古川校)へ入塾することを決めました。

  • 指導方針

    推薦入試が第1目標で、一般入試も見越しながら指導をしていくことにしました。入塾の際、学校の授業だけだと内容が足りないので、そこを埋めていくことをメインにし、習ったことを復習するように指示を出しました。推薦の対策として、志望理由書、課題文、面接の練習も並行して行っていきました。

生徒さんの
コメント

KATEKYOで勉強したおかげで、第1志望の創価大学経営学部に合格することが出来ました。 学力試験・面接試験などに向かうには、先生方や両親の助けが絶対に必要不可欠であることがわかりました。ずっと支えてくれた先生方や両親には本当に感謝していかないければいけないと思います。

教師からの
コメント

いつも穏やかで、話をすると楽しそうにしてくれるので授業を進めやすかったです。推薦入試の前は緊張していたのを覚えています。グループディスカッションであまり話さず、聞き役になったと教えてくれました。聞き上手な性格が合格につながったのだと思います。おめでとう。

七戸町 Nさん

自習室で勝ち取った国公立大合格

  • 指導科目

    化学・数学

  • 指導回数

    月4回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    高3の夏からの共通テスト対策。入塾した際は模試の判定に「E」が並ぶ崖っぷちの状態。通常のマンツーマン指導に加えて、指導のない日は自習室に毎日欠かさず通い詰めるほどのど根性ぶりを発揮。少しずつ着実に志望校への差を縮め、見事に国公立大学へ合格したのでした。

  • 指導方針

    3年生の8月中旬からのスタートで第一志望は弘前大学、第二志望は県立保健大学(ともに理学療法学科)。どちらも新しく始まる共通テストの配点比重が高い状況でした。 新規の共通テストの傾向に合わせて、「なぜそうなるのか」の原因や理由を考える、得られた結果をしっかり把握すること、因果の繋がりをストーリー記憶する、などに留意して指導しました。 本人の学力面のニーズにその都度対応しながらも、私の学力診断に基づき本人の演習や復習する分、KATEKYOの指導でやるべき内容をよく考えて、つねに効率的な学力ビルドアップになるように意識しました。 また「計画的な学習が大事!」とつねに指導しつづけました。まず3か月間ぐらいの大日程を考えて、それに基づき当面の1か月間ぐらいの具体的な内容をきめる。そして、1週間さらには3日間分を計画してやる。その間にいつでも計画修正はつきものであり、優先順位を考えて判断して、取捨選択しながら、という指導です。

生徒さんの
コメント

勉強のスタート時期が遅かったため、焦っているなかで共通テスト対策の日々を過ごしましたが、私独自の演習プランを作ってくれたおかげで効率的に演習に励めました。また、自習に来た際には欠かさず声をかけてくださったことで、受験勉強のモチベーションを高く保つことができました。魅力的な先生方の存在が、粘り強く頑張れた決め手でした。

教師からの
コメント

私からの指示を守って、計画的に取り組むことや教材の進め方をよく遵守していました。またKATEKYOの自習室に毎日のように通ってひたすら質の良い勉強時間を多くすることに努力していました。授業のときには、私の説明を熱心に聞き、復習に真剣に取り組んでおりました。 第一志望の弘前大学に届かず残念でしたが、なんとか第二志望の県立保健大学の合格を達成しました。 自分を信じてゆるぎなく、ひたすら努力したことが実り、とても充実した嬉しさがありました。

八戸市 Nさん

高校スタートでの遅れを取り戻し、推薦で大学へ進学!

  • 指導科目

    英語・数学

  • 指導回数

    月6回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    念願の志望高校に合格したものの、4月~5月のスタートで躓いた(各テストで予想以上に苦戦した)という気持ちが強いようで、今後の学習についてかなり悩んでいたようです。一斉指導の塾も検討したようですが、ここは個別指導でしっかりと基礎作りをした方が良いだろうというご家庭の判断でKATEKYOにお問合せをいただきました。初めての面談の時は見るからに元気がありませんでしたが、各成績を確認して十分に遅れは取り戻せることをお伝えし、まずは思い切って高校受験時の状況や中学内容の見直しから始めましょう、ということになりました。

  • 指導方針

    志望高校に進学できたのに春の段階でかなり勉強について悩んでいるとのことで、まずはどこに原因があるのかを確認することから始めました。成績や答案をチェックしつつ、高校受験前後の様子も聞いてみたところ、中学3年生の夏までの模試結果は優秀で、調査書・内申点も良かった様子。ただ、そこで安心したのか、その後の学習にはそこまで力が入らずアドバンテージを使い切って合格したことが分かりました。春休みも入学準備の学習はあまりしなかったようです。そこで、持っている能力は同級生と比べても高いことを理解してもらい、まずは自信を取り戻すことを優先して指導を開始しました。

生徒さんの
コメント

カテキヨーで教えてもらうことになったのは高校1年生の春でした。志望校に合格できましたが、最初のテストから思うような結果(校内順位)が出せず本当に落ち込んでしまい、勉強することに悩んでいた時期でした。塾での面談の時も泣き出しそうな顔をしていたと思います。ですが、そのおかげと言ってもよいでしょうか、先生方に出会えたことは本当に良かったです。3年間の定期テスト、模試でサポートしてもらえただけでなく、私のことを理解しながら学校生活の悩みまで聞いてもらえましたし、志望理由書の添削、面接練習と最後まで助けていただきました。何よりも、自分に自信を持てるようになったのはカテキヨーの先生方のおかげだと思っています。その結果、自己推薦で希望の大学に合格することができました。本当に、ありがとうございました!

教師からの
コメント

指導を開始した頃の元気のなさ、ネガティブな考え方は今ではまるで演技だったかのように思えるくらい、本当に元気で活発な生徒さんになりました。学校内だけではなく、校外でも様々な活動やボランティアに取り組み、どんどん知識や経験を増やしていく姿は頼もしく、羨ましくも感じました。その結果、大学進学は自己推薦で志望校合格を目指すことになりましたが、アピールポイント、話したい、伝えたい内容が多過ぎてその整理に困ったことも良い思い出です。時には一緒に悩みもしましたが、ほとんどの期間を楽しく過ごせましたし、これだけの成長過程を身近で目の当たりにすることができて感謝しています。明確なビジョンを持っていますので、その実現に向けてこれからも頑張ってください。

青森市 Sさん

他塾で対応していないと言われ

  • 指導科目

    国語・小論文

  • 指導回数

    月4回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    9月の時点で岩手大学の総合型選抜の受験を考え、小論文の対策をしてもらえる塾を探していました。 しかし、他の塾に問い合わせをしたら対応できないと言われたので、KATEKYOに問い合わせをしました。 それが入塾のきっかけです。

  • 指導方針

    課題文を見ると国語・英語の力も必要であった。 英語は別の塾で勉強をしているとの事だったので、小論文の書き方に重きを置き指導。 期間も短かったので過去問をどんどんやりつつ知識を入れていく方針を取った。

生徒さんの
コメント

とても短い期間で回数も少なかったにもかかわらず、合格することが出来ました。 授業のたびに必要な知識を得られたことが、ポイントだったと思います。 2か月の間でしたが先生の指導のおかげで無事合格することが出来ました。 ありがとうございます!

教師からの
コメント

期間が短かったので少しも時間を無駄にできませんでした。 過去問をどんどんと解きながら必要な知識を教えていくようにしました。 岩手大学だけではなく、良問を出す鹿児島大の問題を使い指導を行ったりしました。 Sさんの努力もあり、合格に繋がりました。

12

ページのトップへ