プロ教師による完全個別指導塾・家庭教師のKATEKYO

tel:0120-00-1111

指導事例紹介

生徒一人ひとりに合わせたカリキュラム
その一例をご紹介!

  • TOP
  • 指導事例紹介
七戸町 Nさん

自習室で勝ち取った国公立大合格

  • 指導科目

    化学・数学

  • 指導回数

    月4回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    高3の夏からの共通テスト対策。 入塾した際は模試の判定に「E」が並ぶ崖っぷちの状態。通常のマンツーマン指導に加えて、指導のない日は自習室に毎日欠かさず通い詰めるほどのど根性ぶりを発揮。少しずつ着実に志望校への差を縮め、見事に国公立大学へ合格したのでした。

  • 指導方針

    3年生の8月中旬からのスタートで第一志望は弘前大学、第二志望は県立保健大学(ともに理学療法学科)。どちらも新しく始まる共通テストの配点比重が高い状況でした。 新規の共通テストの傾向に合わせて、「なぜそうなるのか」の原因や理由を考える、得られた結果をしっかり把握すること、因果の繋がりをストーリー記憶する、などに留意して指導しました。 本人の学力面のニーズにその都度対応しながらも、私の学力診断に基づき本人の演習や復習する分、KATEKYOの指導でやるべき内容をよく考えて、つねに効率的な学力ビルドアップになるように意識しました。 また「計画的な学習が大事!」とつねに指導しつづけました。まず3か月間ぐらいの大日程を考えて、それに基づき当面の1か月間ぐらいの具体的な内容をきめる。そして、1週間さらには3日間分を計画してやる。その間にいつでも計画修正はつきものであり、優先順位を考えて判断して、取捨選択しながら、という指導です。

生徒さんの
コメント

勉強のスタート時期が遅かったため、焦っているなかで共通テスト対策の日々を過ごしましたが、私独自の演習プランを作ってくれたおかげで効率的に演習に励めました。また、自習に来た際には欠かさず声をかけてくださったことで、受験勉強のモチベーションを高く保つことができました。魅力的な先生方の存在が、粘り強く頑張れた決め手でした。

教師からの
コメント

私からの指示を守って、計画的に取り組むことや教材の進め方をよく遵守していました。またKATEKYOの自習室に毎日のように通ってひたすら質の良い勉強時間を多くすることに努力していました。授業のときには、私の説明を熱心に聞き、復習に真剣に取り組んでおりました。 第一志望の弘前大学に届かず残念でしたが、なんとか第二志望の県立保健大学の合格を達成しました。 自分を信じてゆるぎなく、ひたすら努力したことが実り、とても充実した嬉しさがありました。

八戸市 Nさん

高校スタートでの遅れを取り戻し、推薦で大学へ進学!

  • 指導科目

    英語・数学

  • 指導回数

    月6回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    念願の志望高校に合格したものの、4月~5月のスタートで躓いた(各テストで予想以上に苦戦した)という気持ちが強いようで、今後の学習についてかなり悩んでいたようです。一斉指導の塾も検討したようですが、ここは個別指導でしっかりと基礎作りをした方が良いだろうというご家庭の判断でKATEKYOにお問合せをいただきました。初めての面談の時は見るからに元気がありませんでしたが、各成績を確認して十分に遅れは取り戻せることをお伝えし、まずは思い切って高校受験時の状況や中学内容の見直しから始めましょう、ということになりました。

  • 指導方針

    志望高校に進学できたのに春の段階でかなり勉強について悩んでいるとのことで、まずはどこに原因があるのかを確認することから始めました。成績や答案をチェックしつつ、高校受験前後の様子も聞いてみたところ、中学3年生の夏までの模試結果は優秀で、調査書・内申点も良かった様子。ただ、そこで安心したのか、その後の学習にはそこまで力が入らずアドバンテージを使い切って合格したことが分かりました。春休みも入学準備の学習はあまりしなかったようです。そこで、持っている能力は同級生と比べても高いことを理解してもらい、まずは自信を取り戻すことを優先して指導を開始しました。

生徒さんの
コメント

カテキヨーで教えてもらうことになったのは高校1年生の春でした。志望校に合格できましたが、最初のテストから思うような結果(校内順位)が出せず本当に落ち込んでしまい、勉強することに悩んでいた時期でした。塾での面談の時も泣き出しそうな顔をしていたと思います。ですが、そのおかげと言ってもよいでしょうか、先生方に出会えたことは本当に良かったです。3年間の定期テスト、模試でサポートしてもらえただけでなく、私のことを理解しながら学校生活の悩みまで聞いてもらえましたし、志望理由書の添削、面接練習と最後まで助けていただきました。何よりも、自分に自信を持てるようになったのはカテキヨーの先生方のおかげだと思っています。その結果、自己推薦で希望の大学に合格することができました。本当に、ありがとうございました!

教師からの
コメント

指導を開始した頃の元気のなさ、ネガティブな考え方は今ではまるで演技だったかのように思えるくらい、本当に元気で活発な生徒さんになりました。学校内だけではなく、校外でも様々な活動やボランティアに取り組み、どんどん知識や経験を増やしていく姿は頼もしく、羨ましくも感じました。その結果、大学進学は自己推薦で志望校合格を目指すことになりましたが、アピールポイント、話したい、伝えたい内容が多過ぎてその整理に困ったことも良い思い出です。時には一緒に悩みもしましたが、ほとんどの期間を楽しく過ごせましたし、これだけの成長過程を身近で目の当たりにすることができて感謝しています。明確なビジョンを持っていますので、その実現に向けてこれからも頑張ってください。

青森市 Sさん

他塾で対応していないと言われ

  • 指導科目

    国語・小論文

  • 指導回数

    月4回/120分コース

  • 入塾のきっかけ

    9月の時点で岩手大学の総合型選抜の受験を考え、小論文の対策をしてもらえる塾を探していました。 しかし、他の塾に問い合わせをしたら対応できないと言われたので、KATEKYOに問い合わせをしました。 それが入塾のきっかけです。

  • 指導方針

    課題文を見ると国語・英語の力も必要であった。 英語は別の塾で勉強をしているとの事だったので、小論文の書き方に重きを置き指導。 期間も短かったので過去問をどんどんやりつつ知識を入れていく方針を取った。

生徒さんの
コメント

とても短い期間で回数も少なかったにもかかわらず、合格することが出来ました。 授業のたびに必要な知識を得られたことが、ポイントだったと思います。 2か月の間でしたが先生の指導のおかげで無事合格することが出来ました。 ありがとうございます!

教師からの
コメント

期間が短かったので少しも時間を無駄にできませんでした。 過去問をどんどんと解きながら必要な知識を教えていくようにしました。 岩手大学だけではなく、良問を出す鹿児島大の問題を使い指導を行ったりしました。 Sさんの努力もあり、合格に繋がりました。

五所川原市 千葉 成人君

弘前大学、2回目の挑戦

  • 指導科目

    数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ、物理、化学

  • 指導回数

    月8回/90分コース

  • 入塾のきっかけ

    高校2年生の時に、青森県商工会議所連合会主催による、海外エネルギー事情研修会でスウェーデンとフランスを訪問したことがきっかけで、エネルギー問題に興味を持ちました。高校3年生になり、進路を決定する時、夢である高校の数学科教師になるための教員免許取得ができ、興味があるエネルギーの研究もできる大学は、と考えた時、弘前大学理工学部自然エネルギー学科を第1志望に決定致しました。受験方法は、総合選抜、一般入試を考えていましたが、現状の実力と残された時間を考えた時、自分の力だけで合格は難しいと思い、KATEKYO学院五所川原駅前校に入会致しました。

  • 指導方針

    まずは、1週間ごとの細かい計画をたて、しっかりと自己管理させることを徹底させました。英語に関しては、日常会話ができるレベルにあったので、指導については、数学と物理、化学に集中し、更に指導時間を最大限効率よく使うため、課題を家で解いてきてもらい、教室では、出来なかった問題、解説を読んでも理解できない問題をピンポイントで指導していきました。また、基礎学力をつけるために、基礎問題は類題を数多くこなしてもらい、難しい問題はじっくり時間をかけ、考えて解いてもらうことで、応用力、発想力を身につけてもらいました。

生徒さんの
コメント

1回目のチャレンジでは、残念な結果となってしまいましたが、大学で学びたいこと、将来したいことを考えると、なんとしてでも弘前大学に合格したいと考え、再チャレンジすることを決意しました。浪人生活で1番大切なことは、しっかり生活リズムを作り、自己管理を徹底することだと阿部先生から教わり、先生のその言葉を信じ実践しました。結果は、総合選抜でみごと合格することができましたが、総合選抜前に受験した全統共通テスト模試、記述模試でも、弘前大学を始め、志望した大学全てにおいてA判定をとることができました。2年間支えてくれた阿部先生、KATEKYO学院には感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました!

教師からの
コメント

全統模試で、志望大学すべてにおいてA判定を出した時は、私をはじめ、スタッフ一同大喜びしました。そして、運命の11/18(木)14時。合格者一覧に、千葉君の受験番号を見つけたときも、みんなで大声を出して、手を叩いて大喜びしました。しばらく拍手が鳴りやまなかったのを、今でも覚えています。日々の努力が実を結びましたね。第1志望の弘前大学合格、本当におめでとう!!立派な数学の先生になってください。千葉君ならきっと、素晴らしい数学科の先生になれます。私が保証します。

十和田市 Yさん

理数科目を克服しての八高合格

  • 指導科目

    数学・理科

  • 指導回数

    月4回/90分コース

  • 入塾のきっかけ

    数学と理科の伸び悩み。 入塾当初は八戸北高校を志望していたものの、授業開始とともに攻略の糸口をつかみ急上昇。 最終的には八戸高校に見事合格。志望校をステップアップするほどの大躍進を見せてくれました。

  • 指導方針

    ”中高一貫指導” 10月中旬ごろ入塾し、八戸北高校を受験するにあたって合格できるか不安で数学と理科を指導して欲しいとの事でした。 週に1回の指導では指導日の前までに模擬試験の過去問を解いてもらい、間違った問題を解説するという無駄のない指導を心がけました。 毎回指導するたびに疑問に思ったことや分からなかった問題を話し、それに対して私が即解説するという流れでした。私が今まで持っている知識をフル回転し、90分ノンストップの質問・解説の応酬。指導後はしばらく休憩を取らなければならないほどでした。 毎回共通して間違える「文字式の乗除」では高校の公式を使ったり、関数の3点の座標の三角形の面積の公式、パラメータで動点を表しての解法など、教科書に載っていない方法での解法パターンや高校の範囲の公式も指導しました。理科は問題を多量に解いて知識を増やす「旺文社の全国高校入試問題正解」を使って全国の難関校の問題にもチャレンジしてみました。 順調に成績をのばし、模試の点数が430点を超えた時に中学校の先生から「八戸高校を受けてみないか」との誘いがありました。その際に「高校に入ってからの数学は私が面倒を見る」と約束して不安を解消しました。

生徒さんの
コメント

受験勉強に励んでいた頃「このままでは第一志望の高校に合格できない」と思い、ホームページを見てKATEKYO学院に入りました。 KATEKYO学院では苦手な科目(数学と理科)について、学校では習わない計算方法や発展問題の解き方を教えてもらいました。 週1回の授業でしたがとても内容が濃い90分で、塾に入る前の自分では解けないような問題を短期間で解けるようになりました。受験では理科で98点という高得点を取ることができました。 カテキヨーに入ったことで自信がつき、志望校のランクを上げて無事に合格できました。カテキヨーの先生の丁寧な指導と励ましにはとても感謝しています。 ありがとうございました。

教師からの
コメント

生徒が自主的に1ランク上の高校を受けると言った時は、高校での授業に付いていけるようにバックアップする気持ちが必要だと思います。入った後のケアーをすることまで考えての進路指導が大切です。 KATEKYO学院の講師の先生と生徒には「卒教」という2文字はありません。

12

ページのトップへ